花子さん、おばあさんになる

人間年齢84歳の老いねこ日記

ねこ俳句 その2

 

          f:id:hananeco:20170423005542j:plain

 (前回からのつづき)

 春に俳句入門したわたしは、初夏にはやっこら俳句らしきものがつくれるようになってきた、ような感じだった。そんな折、堀本先生と又吉直樹さんとの共著「芸人と俳人」が出版され、下北沢B&Bで出版記念イベントが行われた。公開句会である。俳句教室の面々とウキウキ出かけた。投句は事前にメール送信してあった。席についてプリントを見ながらみなさんの句を選句する。やがて拍手の中、堀本さんと又吉さんが登場。「わ〜、又吉だ〜、こんな近くで…」と気分高揚。ご両人がよいと思った句を選句して披露していき、堀本さんがわたしの句を佳作のひとつに選んだ。(もちろん無記名ですよ)

 

        手づくりのちいさな虹をまたぐ猫

 

 きゃー。先生が選んでくれたのはもちろんうれしいけれど、「この句はどうですか?」と振られた又吉さんが「ぼくもこの句、ええとおもいました。めっちゃかわいいです。なんか、CMっぽい爽やかさがありますね。俳句にはないような」と言ってくれたのが、とてもうれしかった。うれしすぎて「どなたの句ですか?」と聞かれて、挙手しながら身もだえたくらい。(後ろの席にいた友人が、うしろ姿だけでデレデレなのがわかったそうである)舞い上がったわたしは、早速その場で「火花」を買いもとめ、サインの列に並んだ。又吉さんが、芥川賞を受賞する二日前の出来事でした。(自慢その1)

         f:id:hananeco:20170430202608j:plain

  その「芸人と俳人」の出版をきっかけに「夜の秘密結社」というメルマガが配信され、おふたりが選者となる投句コーナーがあった。又吉さん主宰の「笑う575」は笑える一句を募集。あるときのお題は「缶」だった。季語はあってもなくてもよいとのこと。いくつか考えて投句する。すると、佳作に選ばれてしまいました。きゃー。(自慢その2)

 

        桃缶のぱかんの音に猫走る

 

  またもや、ねこの俳句でございます。又吉さんの選評は『桃缶のぱかんという音が鮮やかです。猫の動きがかわいいです』だった。「かわいい、って」「かわいい、って」と、ひとりパソコンの前で身をよじる。なんだかね、自分のことを言われたみたいに錯覚してしまうのですよ。

 でも実は、わたしが「佳作」で浮かれていたどちらのときも、「特選」は同じ俳句教室の仲間だったので、山はまだまだ高いのですが、初心者は浮かれてしまうのですねえ。小さな自慢、お許しくださいませ。

  

f:id:hananeco:20170423005713j:plain

  ところで、ねこ俳句といえば、尊敬するイラストレーターの大先輩、南伸坊さんのこの二冊です。ねこの俳句と言っても、こちらはねこが俳句を詠む「ねこはい」です。しんぼうさんがねこになりきっておられるのです。なんともかわいらしいねこたちは、のどか、のんき、のほほんと俳句を詠み、遊び、眠り、もの思うのであります。クスリと笑わせられる俳句ですよ。

 

花子さん的ねこ俳句↓

 f:id:hananeco:20170423005946j:plain

 ということで、花子さんの近況はお休みして寄りみちしてしまいました。花子は黄金週間も元気に居眠りしております。フェロモンスプレーもちゃんと効いてます。