読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花子さん、おばあさんになる

人間年齢84歳の老いねこ日記

痛い頭は使うにかぎる

 おととい、恐れていたことが起きた。寝しなの深夜12時に花子さんの鳴き声が…。それは脱ぷんを知らせる雄叫びだった。この時間にするということは、昼夜逆転しているのかもー。残念なことにそれは的中し、夜中2時過ぎに徘徊と遠吠え。そして、まだ暗い午前4時過ぎ、5時半…と徘徊しては大声で鳴く花子。なんてこった、魔法のスプレーの威力はもうないのか?まだ消費期限切れの最初の1本を使っているところなのに。追加購入の2本はどうなるの。

 

 頭がガンガンするという母のクレームに、さて困ったな…と頭をかかえるわたし。わたしの頭もうっすら痛い。タオルハンカチ作戦は撤退なのか?昔のテレビドラマの誘拐シーンでは、いつもクロロホルムを嗅がせていたけれど、あれ、ホントは効かないそうですね…。なんて、そんな後ろ向きな考えになってはダメだ。何か考えねば…うーむ。

 とりあえずは、都合3本ある魔法のスプレーを無駄にしたくはない。タオルハンカチを花子が肌身離さず持てば、徘徊して鳴いたとしても、大鳴きしないのではないだろうか?厚みのあるタオルハンカチを、普通のハンカチに変えてバンダナ風に首に巻くのはどうだろう。でも、花子さんは首回りに敏感だからなあ、もうちょっと細いのがいいかもなあ。

  タンスの中を漁ってみると、着なくなったワンピースのヒモがあった。太すぎず、細すぎず、これはいい太さかもしれない。シュッシュッシュッとスプレーをして乾燥させ、寝てる花子の首に素早く巻く。パチッと目を開け、鼻をひくひくさせ、匂いの元を探している。そして、どうやら首だと気づいたもよう。やばい。激しく抵抗したら取らなくてはと、じっと観察していると、あら、なんかいい感じにうっとりしているではないか。

 首巻き作戦成功か?祈るきもちで床に就く。翌朝、遠吠えはなかった。作戦成功〜!

 痛い頭をつかって考えてよかったー。って、これから作戦実行の二晩目を寝るところですが、効果が1日だけだったらどうしよう…

 

つづく

 

f:id:hananeco:20170410002623j:plain