花子さん、おばあさんになる

人間年齢88歳の老いねこ日記

クローズアップ花子

 友人たちのネコのかわいらしさに悶絶と嫉妬をしているわたくしです。なぜ、よその家のネコたちはあんなにかわいいのだ。そして、みんな写真うまいのよねえ。部屋の感じも良くて、ネコに癒されてシアワセに暮らしていることが伝わります。しかし、当ブログをのぞいてくださっている方々は、わたしにそんなこと期待していないでしょう。

 本日は、ひたすらに花子さんをクローズアップしてお届けいたします。

 

f:id:hananeco:20170611113545j:plain

ピンクの鼻は花子の唯一のチャームポイントである

 

f:id:hananeco:20170611113606j:plain

しかし、どんどんホクロ的黒が広がり今やこんな感じ

 

f:id:hananeco:20170611113623j:plain

あ、もうひとつのチャームポイントのピンク、あったわ

 

f:id:hananeco:20170611113636j:plain

あ、起きた?

 

f:id:hananeco:20170611113651j:plain

あー、起きちゃった

 

f:id:hananeco:20170611113657j:plain

あー、怒ってる

 

f:id:hananeco:20170611113715j:plain

頭にきて、毛づくいしてるのね

 

f:id:hananeco:20170611113725j:plain

あ、やっぱり怒ってる。。花子は顔で出るからね

 

f:id:hananeco:20170611113729j:plain

耳にも出るもんね

 

f:id:hananeco:20170611113745j:plain

きゃ〜っ 恐ろしい!

 

f:id:hananeco:20170611113755j:plain

 

以上、不機嫌花子さんのクローズアップ現代でした。

 

 

自己防衛のススメ

  

              f:id:hananeco:20170604222759j:plain

 自己責任だとか自己防衛だとか、なんだか淋しい言葉でございますね。突き放されたような気持ちになります。そんなそっけないことを言わずに、みんなで助け合って危機や困難を乗り越えていきましょうよ。

    f:id:hananeco:20170604223027j:plain

 でも、今のわたしの困難を救ってくれるのは人ではなくて、これ。

     f:id:hananeco:20170604223303j:plain

 イヤリング、じゃありませんわよ。

 

      f:id:hananeco:20170604223340j:plain

 耳栓です。

 

 けたたましい花子の夜鳴きも、早朝から夫婦喧嘩する老人たちの声も、シャットアウトしてわたしの睡眠を確保してくれるのです。いくら対策しても止むことのない騒音から逃れるために唯一残った手段、耳栓。100円也。ああ、なんてやさしい価格なの。みなさんも、相手を変えようなんて無駄な努力は止めて自己防衛しましょう。

オススメします。

 

 

 あきらめのいい女 あゆ美より

 

 

 

 

花子のつぶやき

 あたしの名前は花子。まったくダサい名前つけてくれたもんだよ。我慢してるけど。最近じゃ、ばあさんになった、ばあさんになったって、同居の人間どもが言うんだけど、ホント頭くるよ。夜中に徘徊してるとか、遠吠えがうるさいとか、勝手なことをブログでチクってるらしいじゃん。写真までこっそり載せて。鬱陶しいから無視してるけどさ。

 だいたい、今まであんたらの生活に合わせて寝起きしてただけなんだからね、もう好きにさせてもらうよ。それにさ、なんの断りもなくマンガのキャラクターにして、新聞社から毎月お金もらってるじゃん、あれ、この5月で丸5年だってね。250回もよく続いてるよ。あたしにはなんの還元もないけどね。

 さらにこのブログを始めて、お金儲けできないかなって企んでるみたいだけど、はあ〜図々しいねえ。

 で、今日は書くネタがないから、代わりになんか更新してくれだって?ふざんけな。今夜も遠吠えしまっくてやるから、覚悟しな。

  f:id:hananeco:20170528192620j:plain

    ⇧花子さん近影

将来の『おばあさん』のモデル

 「夏場所」という響きがぴったりの暑い暑い日曜日でありました。

f:id:hananeco:20170521221849j:plain

 

 

f:id:hananeco:20170521222628j:plain

(↑ 強い日差しに照らされる花と花子さん)

 

 大相撲夏場所は日馬富士が安定して強いですねえ。毛むくじゃら高安もがんばってます。遠藤も一生懸命。稀勢の里にはハラハラさせられるけど、なんとか持ちこたえてますね。うちの花子さんも、そんな稀勢の里のように、なんとか持ちこたえてます。いや、そうでもないかなあ。

 

 その後の花子さんの報告をすると、湿疹は治りました。が、リボン作戦は止めて、ハンカチの結び目から先だけにフェロモンスプレーを振りかけて、首に巻き付けてます(写真下)。その効果は…微妙かなあ。やっぱり、フェロモン摂取量が少ないみたい。寝たなとおもったら起きてきて、夜中に遠吠え。まだわたしが起きている時間なので、タオルハンカチにシュッ!とスプレーして、誘拐犯のごとく5秒くらい嗅がせる。すると、目をシバシバさせて寝床へ向かう。手間だけど、まあ我慢出来る。

  参るのは朝5時に起床し鳴き回ることだな。老いねこの早起きは、少しのフェロモンでは止められない。

f:id:hananeco:20170521221727j:plain

( ↑ ハンカチーフ作戦に変更中) 

  巻ものの柄ひとつで、おばあさん度がアップするのは、ねこも人間も同様のようで、わたしも渋い柄ものを首に巻くと、年齢がグッとアップする(年相応とも言うが)。

 

 仲間うちで「ババジム」と呼んでいるスポーツジム「カーブス」。通い出して2年くらいになる。わたしの行く時間帯は、かなり年齢層が高い。人の良さそうな80歳前後のおばあさま方もいらっしゃれば、姑になったら気苦労しそうな意地悪っぽいおばさまもいる。老年も中高年も多種多様。はて、自分の将来の姿のモデルはいるかな?と運動しながら観察をする。さっぱりとしたウエアで淡々と運動している好感度高めのおばさまなど見つけると、「ああ、この路線で行きたいわ〜」と思う。性格も柔和そう。「大丈夫。きっと わたしはこのタイプ」などと図々しく妄想するのだけど、実のところ、わたしの芯は「いじわるばあさん」で出来ていることを忘れてはならない。

 

f:id:hananeco:20170521225039j:plain

(↑「おそ咲きの花子さん」P13より)

 

 「かわいいおばあちゃんになりたい」なんて、10代、20代の小娘は言うけれど(わたしも言っていた)、年を経るごとに「いじわるなおばあさん」がいいよなと思っている。なんと言っても、ひと付き合いに無理がないのがいい。それに、いじわる故の大恥、大汗、落胆のいじわるばあさんは、一転「かわいいおばあさん」になる。「いじわる」と「かわいい」が混りあう「中辛」くらいがいい塩梅ではないだろうか。

 

f:id:hananeco:20170521225639j:plain

(↑ いじわるばあさんへの手引書)

 

 そしてついでを言うと、わたしの「まんが」もその路線に向かいたいと、密かにおもっているのだった。ただ、まだお人好しの仮面をはずせないため「やや甘口」のまんがとなっております。なんだかんだと、羞恥心を捨てることが出来ないのでございますねえ。

 

f:id:hananeco:20170521231229j:plain

 

 以上、「いじわる」と「おばあさん」について思うことをダラダラと、書き連ねてみました。

 結論としては、「いじわるばあさん」には、特に目指さなくてもなれるだろう。気づけばいつしか自然と「いじわるあばさん」になっていることが予想される。それで良し、と。

 

おわり

 

 

我ら似た者同士なり

 忘れていたけれど、わたしと花子さんは弱点が同じ「首」なのである。子どもの時分のわたしは毎夏、あせもで首が真っ赤になった。あせもの薬は付けると真っ白になり、それが治り出すと真っ黒になり、やっと秋が訪れるのだった。その後も、中学生ではアトピーの先頭を切って歩き、大人になってもしばしば謎の湿疹に見舞われ、今なお慢性じんましんに悩まされている。美容院のタオルで首が真っ赤になり、マイタオルを持参していたこともあった。そんなことをうっかり忘れていた。

             f:id:hananeco:20170514235459j:plain

 気づけば、花子さんは首に湿疹ができて、かきむしったり、なめたりして悪化させていたのだった。そう、あの魔法のスプレーを振りかけたりぼん作戦の副作用だ。お気の毒に、「かゆいよ!」と訴えることができずに、隠れてカイカイやっておったのである。ずいぶん前になにかの皮膚炎でもらった軟膏があったと、綿棒で塗ってやるドクターてるこ(母)。ちなみに消費期限は切れているそうであるが。その上からシッカロールをはたき(そんなことしていいのかなあ?)包帯代わりのハンカチをぐるぐる巻き付けて治療完了(らしい)。よくなるといいねえ、花子さんや。

f:id:hananeco:20170514235302j:plain

 そんなわけで、フェロモンりぼん作戦は休止。せっかく治まっていた夜鳴きとの闘いは、大相撲夏場所とともに波乱の幕開けとなるのだろうか。ドキドキ。

 

花子さんの黄金週間

 黄金週間が終わりました。よいお天気でしたねえ。わたしはなんだか妙に歩きましたよ。散歩しまくり。3日連続で16000歩、19900歩、14000歩。途中でノラ猫の写真撮ったりして。そういえば、ポケモンGOやってるひとってもういないのかな。

 

f:id:hananeco:20170507220830j:plain

 

 せっかく始めた老いねこブログだけれど、今週はこれといって書くことがございません。でも、忘れられないように更新するのです。

 この頃の花子さんは夜が明けるころ起きてしまうけれど、おばあさん猫だから仕方ない。人間のおじいさんと共に、用事もないのに早起きだ。(早起きすぎる)

 

f:id:hananeco:20170507224208j:plain

 その他に報告する事件もない。平和でなによりだけど。しいて報告することがあるとすれば今日、定期健診に連れて行ったら、2時間以上待たされたストレスもあって先生にシャーーッ!!!!シャーーーーッ!!さらに、採血のため奥に連れていかれてンギャーーーッ!!!病院に絶叫響き渡る。申し訳なさでわたくし小さくなってました。

 

f:id:hananeco:20170507224919j:plain

以上、花子さんの(わたしの?)黄金週間 お・わ・り。